杏さん主演のくいしんぼドラマ『ごちそうさん』が現在
大人気放送中ですね。

今注目のこの朝ドラの第1週(1話~6話)のつたない感想を
まとめてみました。

動画はこちらから見れますよ。

このドラマは第1週が1話~6話で構成されていて、
1週目は、卯野 め以子 – 杏さんの幼少時代で時は明治45年に
なっています。

では『ごちそうさん』第1週。第1話~第6話の感想を
ざらっと書いていくので主題歌でも聞きながらどうぞ♪

1週目のタイトルはいちご一会でした。

一期と苺をかけてるところにセンスを感じました 笑

1話でまず最初に感じたのは、明治45年の風情を漂わせる
雰囲気があるな~でした。

幼少時代のめ以子は、卵を盗もうとしてにわとりに
襲われてました・・・

そして、お供え物のいちごをパクります・・・

ただの食い意地の強い天真爛漫?な女の子ですね 笑

そして2話では、いちごを盗んで怒られてお尻ぺんぺん
されます。

>>NHK朝ドラ『ごちそうさん』第1週。1~6話の感想&動画総まとめの詳細ページへ

今が2013年9月21日なので後9日後に新しいNHK連続ドラマ、
通称朝ドラの『ごちそうさん』がスタートします。

ということで、放送開始前にロケ地、主題歌、脚本などの
情報を集めてドラマを楽しみたいと思います。

ロケ地について。

ごちそうさんのロケ地といえば設定が関西弁ということと、
ストーリーの舞台が大阪ということで関西が主に使われて
いるようですね。

兵庫県姫路市の八葉寺やこちらの奈良女子大学記念館が
使われています↓

奈良女子大学では記者会見も行われました。

他にも近畿の志賀でもロケが行われてそのときは、エキストラの
募集もされていましたね。

エキストラで募集されたのは、海水浴客、屋台の店員、
砂浜の通行人で2が月ほど前に行われてました。

衣装は大正時代の水着や和服だったようです。

大正時代の水着ってどんなの?

と気になった方はこちらからどうぞ。

そしてこちらの画像が、志賀のロケで使われた近江八幡の
八幡堀です。

この八幡堀は、時代劇でよく使われていることで有名なロケ地で、
るろうに剣心などでも使われていて、ロケ地巡りに訪れる
方も多いそうです。

ごちそうさん。は大正時代の様子を映し出しているということで、
歴史的風景を感じさせる風情のある建物などが撮影に多く使われて
いるようですね。

>>NHK連続ドラマごちそうさんまとめ。ロケ地、主題歌、脚本、その他の詳細ページへ

今は『あまちゃん』が放送されていますが、次のNHK朝ドラは
杏さんが主役の『ごちそうさん』の予定です。

朝ドラのいいところって朝の15分でスカっと元気になって一日の
はじまりを迎えることができるところだと思います。

ということで、あらすじ(若干ネタバレ含む)と一緒にキャスト
情報などを相関図つきでまとめてみました。

杏さんの役柄

主役は杏さんで、卯野め以子 役を演じます。

本人の意気込みはこちら↓

意気込みが伝わって来ましたね♪

この卯野め以子という人物は大正時代の学生で生まれは東京。

実家が洋食屋さんということから小さいときからよく食べる子でした。

突然、東京を離れて大阪に行くことになります。

きっかけは、大阪の西門悠太郎という大学生に出会ったことで
今まで食べることが大好きだった女の子が、食べるよりも人に
「食べさせたい」と思うようになって、押しかけ女房のように
大阪に嫁ぐことになったからです。

そんなめ以子のスペック?は、

>>朝ドラ『ごちそうさん』あらすじ、ネタバレ、キャスト(相関図有り)の詳細ページへ